協和食研HMBタブレット

人気のサプリメント・協和食研HMBタブレットの特徴とは?

  • 商品名 協和食研HMBタブレット

協和食研株式会社が製造しているHMBサプリメントです。使われているHMBは、不純物除去技術により生産された高純度の国産のもの。その他の原料も、全て国産のものを使用しているところが、購入者に選ばれている1番の理由のようです。

口コミで評価されていたのは、その飲みやすさ。1粒直径10mm、高さ6mmのレンズ型の錠剤となっています。外国産のサプリメントは粒が大きく飲みにくいという人もいるので、この配慮は有り難いですね。

また、シンプルなパッケージには理由があるのだそう。それは広告費や包装を最小限にし、サプリの価格を抑えるため。その努力もあり、他のHMBサプリと比較しても価格は手頃です。

製造されているのは、静岡県にあるGMP認定の工場。厳しい基準をクリアした安全性の高い環境だといえます。

協和食研 HMBタブレットの愛用者の口コミ評判

  • 筋トレをするときに、クレアチンと一緒に飲んでいます。口コミでは味が苦いという声がありましたが、プロテインと一緒に飲んでいるので気になりません。
  • トレーニングをはじめて2週間、毎日欠かさず飲んでいます。錠剤の形状がとても飲みやすくつくられており、飲みやすいです。
  • すべて国産原料というところに惹かれ飲み始めてみました。他のサプリと比べて飲みやすいところが気に入っています。
  • 2日に1度がっつりトレーニングしているつもりですが、まだ効果は実感していません。飲みやすさはこれまで試した中でもトップクラスです。
  • 飲み始めて数日ですが、さすがにまだ効果は出ていません。効果を楽しみに続けてみようと思います。

味・におい・粒などに関する評判

全く気にならない味が特徴

HMBサプリといえば、独特の苦い味と認識している方がほとんどでした。その点、協和食研HMBタブレットは、苦くないので飲みやすいとのこと。甘味料や調整材料が入っていないのに飲めるサプリメントはなかなかありません。味がない分、質素に感じる人もいると思いすが、必要な成分だけを配合した協和食研HMBタブレットならではの味と思えばうまく切り替えられるでしょう。苦くないので、トレーニング中に飲んでも苦にはならないと思います。

初めての人でも気にならない匂い

口コミでは、味や匂いに敏感な方でも、飲み続けられるといった意見がありました。余計な甘味料や成分を配合していない分、シンプルな匂いなのでしょう。科学的な匂いも一切しません。国産原料かつ日本のGMP認定工場で製造されている点から安心して飲み続けられると思います。初めてのHMBサプリメントで匂いや味が気になる人でも飲みやすく配合されているサプリメントです。

飲みやすい大きさで製造されています

海外製のサプリメントと比べて、飲みやすい粒の大きさが多くの方から好評でした。喉のつっかかりを気にすることなく飲めるのはありがたいですね。日本人の喉の広ささや飲み込みに配慮して製造されたサプリメントなのでしょう。協和食研HMBタブレットを飲むようになって、筋肉痛の回復が早くなったという意見があります。回復が早くなった分、トレーニングできる回数も増えるので継続的にトレーニングしている人におすすめのサプリメントです。筋肉痛を早く改善したい人は、飲みやすさにおいても一度試してみる価値アリでしょう。

味・においなどに関する口コミ
  • 彼氏がよく読んでいる雑誌に掲載されていたのが気になっていました。効果や価格について色々調べていくうちに、女性でも飲めそうだったので購入。匂いや味で特に不都合に感じることはありませんでした。日本製で費用が安いという点もありがたいですね。持ち運びも問題ないのでこれからも継続していきます。

協和食研HMBタブレットの購入プラン・コース紹介

協和食研HMBタブレットは定期コースがありません。そのため、定期コース特有の割引や継続縛りがないのが特徴です。元々、定価が3,550円と他のサプリメントと比べてリーズナブルなので、定期コースをする必要がないのでしょう。単品から始めやすいのがポイントですが、継続利用をする場合、毎月注文する不便さもあります。

協和食研HMBタブレットの商品情報

メーカー設定1日のHMB成分量 3,000mg(1日12粒あたり)
内容量 360粒
価格 3,550円(税込)
HMB3,000mgあたりの価格(送料込) 118.3円
その他含有成分 HMBカルシウム、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、HPC、微粒二酸化ケイ素
会社名 協和食研株式会社
GMP製造基準の有無 静岡県のGMP認定工場で製造

その他の成分の説明

結晶セルロース

食品添加物を酸で加水分解、精製した高純度の物質です。医療製造用の造形や錠剤、健康食品、一般加工食品において幅広く使用されています。錠剤の原型をとどめておくのに欠かせない物資です。

ステアリン酸カルシウム

食品添加物や安定剤、固形防止剤として使用が認められているのが特徴です。粉末状の物が固形にならないように防止したり、コーティング剤の役割があるためサプリメントや錠剤によく使用されています。吸収性防止効果が高いため、体内に入ってすぐ溶けるわけではなくきちんと体の中で浸透するようにサポートしてくれるでしょう。

HPC

医薬品錠剤の結合剤やコーティング剤、角膜保護剤や潤滑剤として使用されています。サプリメントに配合されている場合には、他の成分と混ざって効果が半減しないようサポートするはたらきのある成分です。

協和食研HMBタブレットの筋肉をサポートする主要成分は、HMBがメインです。他の成分はHMBが体に吸収されやすいようなコーティング、潤滑油や固形維持といった成分なのが特徴。HMBがより体に吸収されやすいように配合されています。