HMBとプロテインの成分の違い

プロテインとHMBの違いとは?

トレーニングを行っている人ならきっと耳にしたことがあるHMB。では、定番のプロテインとはどのような違いがあるのでしょうか。

この2つ、実は全くの別物

プロテインは、筋肉をつくるために必要なタンパク質を中心に構成された食品です。たんぱく質は、人間が生きていく上で欠かせない栄養素の1つ。プロテインを摂取することで、筋肉をつけるための「超回復」がスムーズになり、効果的に筋力アップができます。

それはプロテインを摂取することで、プロテインに含まれているロイシンというアミノ酸が、体内で筋肉に有効な成分であるHMBに変化するから。

しかしHMBは、プロテインを飲むことでは少量しか摂取することができません。そのためサプリメントで直接摂取して、より早く効果を得ようという考え方になるわけです。

つまりプロテインはHMBに変化するロイシンを多く含んだ食品、HMBは筋肉を効率よくつくるための成分です。これらは、全くの別物だということです。

HMBとプロテインのメリットとデメリット

HMBのメリットとデメリット

HMBはより効率よく筋肉の増強や疲労回復の効果を発揮してくれます。また錠剤タイプが主流なので、いつでもどこでも摂取できるというメリットがあります。(粉末タイプもありますが、臭いがきつく飲みにくいので錠剤タイプがおすすめ。)

しかしプロテインに比べて価格が高いことがデメリットとして挙げられます。また、トレーニングを長く続けている方には、なかなか効果がでにくいかもしれません。効果を高めるためには、HMBと一緒にたんぱく質をしっかり摂取すると良いでしょう。

プロテインのメリットとデメリット

プロテインはたんぱく質が豊富なので、トレーニングをして体を大きくしたいという方にはぴったりの食品です。吸収効率がとても良いということもメリットとして挙げられます。

しかし、粉末やシェイカーを持ち歩かなければいけないので、どこでも飲めるというわけではありません。飲むのにも少し手間がかかってしまいます。

さらに、1日のHMBの目標摂取量である3gを摂るためには、20杯分のプロテインを飲まなければいけないといわれています。

併用がおすすめ

上記で説明したように、HMBとプロテインにはどちらにもメリットとデメリットがあります。

そこでおすすめしたいのが、2つを併用するということ。HMBの目標摂取量をきちんと摂取するために、やっぱりHMBのサプリメントがおすすめ。しかしそれだけでは大切なたんぱく質量が不足してしまうため、トレーニング直後はプロテインを飲むようにしましょう。

タイミングや状況にあわせて、HMBとプロテインの両方を使い分けるのが、もっとも効率よく筋肉をつける方法だと断言できます。

HMBとプロテインの併用しないと損>>