HMBとBCAAの併用について

筋力アップに効果的なBCAAとは

BCAAとは、必須アミノ酸の一種。アミノ酸の中にあるバリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸を総称してBCAAと呼ばれています。

BCAAには、筋力トレーニング中にエネルギー源となり、パフォーマンスを上げてくれるという働きがあります。

人間の筋肉の中には、BCAAがおよそ35%含まれているといわれています。しかしトレーニングで筋肉を使うと、そのBCAAは分解されてしまうため、積極的に補う必要があるのです。

また、含まれているロイシンとイソロイシンには、脂肪燃焼の効果もあります。ダイエット中の方にもぴったりですね。

摂取のタイミングは、トレーニング前がおすすめ。トレーニングによって起こる筋肉分解を抑制してくれます。

HMBとの併用で期待できる効果

BCAAとHMBにはどちらもトレーニングのパフォーマンス向上に効果的ですが、併用して摂ることでさらに効率良く筋力アップができると考えられます。

というのも、BCAAがトレーニング中の筋肉分解を抑制する働きがあるのに対し、HMBにはトレーニングによって損傷した筋肉を効率良く修復するという働きがあるから。

2つの成分を、より良いタイミングで摂取することで、筋力アップに効果的に働いてくれます。

目標摂取量を摂れるHMBを選ぶ

BCAAとHMBはどちらもサプリメントで摂取するのがおすすめですが、コスト面を考えると難しいという方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、HMBを優先して摂取するようにしましょう。

HMBはBCAAの筋肉増強成分であるロイシンがもととなって体内でつくられる成分です。HMBのサプリメントだけでも、1日のHMBの目標摂取量である3gをサプリだけで摂ることができる製品もあるので、併用が難しいという方はそういったものを選ぶと良いでしょう。

またHMBだけに絞る場合は、食事でBCAAを多く含むたんぱく質をきちんと摂るようにすることも大切です。プロテインにはたんぱく質が豊富なので、すでにプロテインを飲んでいるという方は、BCAAまで摂る必要はありません。