HMBとアナボリックステロイド

筋肉増強に効果的なアナボリックステロイドとは

アナボリックステロイドとは、たんぱく質の合成を促進するステロイドホルモンの総称です。一般的には「ステロイド」と呼ばれることが多いですが、アトピー治療などに用いられるステロイド外用薬とは全くの別物です。

アナボリックステロイドには、アンドロゲンという男性ホルモンに働きかけ、筋肉を増強するという働きがあります。

筋肉の成長には男性ホルモンがとても重要。アナボリックステロイドを使うことによって、男性ホルモンの分泌量が増え、筋肉のつくスピードがアップ。通常のトレーニングよりも、約20倍のスピードで筋肉量がアップするとも言われています。

ステロイドにはデメリットが非常に多い

効果だけを聞くと、ステロイドがすごく良いもののように聞こえてしまうかもしれませんが、その分デメリットがものすごくたくさんあります。

デメリットとは、はっきりと言うなら非常に多くの副作用があるということです

主な副作用としてまず挙げられるのが、男性ホルモンの自己生成能力の低下。アナボリックステロイドを摂取することによって体内の男性ホルモン量が大幅に上がります。すると体は新しく生成する必要はないと判断し、自ら生成する量を減らしてしまうのです。これは、ステロイドを摂取した男性に、ほぼ確実に起こる副作用だと言われています。

この他にも、ニキビなどの肌荒れや抜け毛、肝機能障害など、多くの副作用があると考えられます。下に詳しくまとめています。

アナボリックステロイドの実態

アナボリックステロイドは本来、医療用医薬品です。クリニックによってはスポーツ外来で処方しているところもありますが、競技者が使用すればドーピング扱いになるため、簡単には処方されません。

アナボリックステロイドの過剰摂取が問題

アナボリックステロイドを使用しているほとんどの日本人は、国外で生産された未承認の医薬品(アナボリックステロイド)を個人輸入しているのが現状です。クリニックで処方してもらうよりも簡単に手に入りますが、この現状が「アナボリックステロイドの過剰摂取」を招いています。

アナボリックステロイドは本来、医療用医薬品です。医薬品を過剰摂取すると副作用が起こるのは当然といえますが、簡単に購入できる海外の未承認医薬品を「くすり」と捉えずに安易に口にしている人が多いのが現実。医薬品としての用量をはるかに超えた量を摂取して副作用が起こったとしても、販売会社は助けてはくれません。

後悔するような問題が起こっても100%自己責任

未承認の医薬品は、たとえパッケージに配合成分の記載があったとしても、実際には何が配合されているのか定かではありません。副作用の回避や安全性に関する根拠も一切ありません。もし体になにか問題が起こったとしても、あくまで自己責任です。

ステロイドの使用はあなたの人生を壊す可能性があります

アナボリックステロイドの安全性に関して、ネットの一部では「安全性に問題はない」「アナボリックステロイドの副作用を抑える“ケア剤”を使えばいい」など、さまざまな声があがっています。

ケア剤というと聞こえがいいですが、これはアナボリックステロイドの副作用を打ち消すための医薬品のことです。体に影響を及ぼす医薬品を医薬品の力で打ち消している。この時点で、体に負担がかかっていることは明らかでしょう。

日本ではアナボリックステロイドの所有・利用が禁止されていないため、誰しもが簡単に手にできてしまのが現状です。しかし、フランスではアナボリックステロイドを所有しているだけで行政処分に問われます。ちなみに、これまでに報告されている副作用は以下です。

アナボリックステロイドの副作用

  • 血圧やコレステロール値の上昇
  • 循環器疾患や冠動脈疾患、肝障害のリスク増加
  • にきび
  • 毛髪の消失
  • 多毛症
  • 精神的症状など

アナボリックステロイドは、これだけのリスクが伴うこと、競技者の場合はドーピング剤にあたるという事実も知ったうえで、それでも利用したいという人だけが使用すべき薬です。現在は法的に禁止されているわけではありませんが、今後使用・所有が禁止になる可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

また、トレーニングを頑張って筋肉をつけても、アナボリックステロイドを使えば、周りからは「くすりのおかげ」とみなされ、あなたの頑張りはなかったことにされてしまうケースもあります。人生に後悔のないようにしっかりと考えたうえで、摂取する成分を決めましょう

安全性の高いものを摂取しよう

上記で説明したように、アナボリックステロイドの摂取には副作用が伴います。健康的な体型を目指してトレーニングしていたのにも関わらず、安易にステロイドに手を出すことによって、その後の人生が大きく変化してしまうということにもなりかねません。

筋力アップのために栄養素を摂取するなら、安全性の高いものがおすすめです。筋力トレーニングを行っている方におすすめしたいHMBを配合した製品を比較していますのでぜひ参考にしてみてください。